Alligator Swamp

技術メモ

もうすぐ春だからPerlCasual#05に行ってきた

f:id:waniji:20130329195759j:plain

PerlCasual#05に行ってきました。

PerlCasual #05 : ATND

スーツで行ったので門前払いされるかとびくびくしていましたが、門番の方に通して頂けて安心しました。

個性的な登壇者の方々のお話を聞いて、Perl初心者が思ったことなど書き連ねようと思います。

何個か作っていれば、慣れる!

@ruikさんのスライドに出てきた言葉なのですが、悩める人達を励ますとてもいい言葉だと思います。
stfuawscをマイルドにした感じですかね。

初心者の私は、

  • 何が良い書き方なんだろう…
  • このモジュール使ってていいのかな…
  • こんな書き方をすると椅子が飛んでくるんじゃ…

ということをうだうだ考えたりして、コードを書く手が止まったり、モチベーションが下がってしまったりします。

もちろん試行錯誤することは大事ですが、囚われ過ぎるのはとても良くない。
それであれば、とりあえず突き進み後で後悔すれば良いんだなと思います。
最初からパーフェクトに出来る人はいませんし、以前した失敗を次に生かしていけば、おのずと洗練されていくはずです。

モチベーションは有限

モチベーションが有限っていうのは本当にその通りで、最初に持った熱は時間とともに冷めていっちゃいます。

  • ミニマルスタートでまず動くものを by @koba04さん
  • 仲間を作ってカジュアルに楽しむ by @uzullaさん

上記の提言がありましたが、とても有効な策だと思います。

ライブコーディング

今回参加して一番面白いと感じたのはこのセッションです。

エディタをどのように使いこなし、エラーが出たらどのように確認し、どういったコードを書くのかをリアルタイムで見れる機会はそうそう無いし、ましてや一緒に仕事が出来ない社外の人となればとても貴重だと思います。

Live Coding Casualが今後開催されるなら、是非参加してみたいです。(閲覧者として)

Perl界隈には面白い人たちが集まっている

おっぱいやからあげなどが出てくる個性的なLTの後に真面目なLTがあったりとカオスでしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

主催者の@yusukebeさん、登壇者の方々、運営者の方々、会場を提供して頂いたNHN Japanさん、ありがとうございました!