Alligator Swamp

技術メモ

Vimプラグイン管理をするためにNeoBundleを使ってみた

Vimプラグイン管理プラグインであるNeoBundleを使ってみた。
.vimrcや.vimなどのdotfilesはGitHubで管理しているので、submoduleとして導入。

導入方法

git clone git@github.com:ユーザー/dotfiles
cd dotfiles
git submodule add https://github.com/Shougo/neobundle.vim.git .vim/bundle/neobundle.vim

.vimrcに追記すること

set nocompatible
filetype off

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

NeoBundle 'インストールしたいプラグイン'

filetype plugin indent on

if neobundle#exists_not_installed_bundles()
  echomsg 'Not installed bundles : ' .
  \ string(neobundle#get_not_installed_bundle_names())
  echomsg 'Please execute ":NeoBundleInstall" command.'
endif

使い方

vimを開いて:NeoBundleInstallと入力すると、プラグインをまとめてインストールしてくれる。
未installのプラグインがあれば、起動時に以下のような通知をしてくれる。

Not installed bundles : ['プラグイン名']
Please execute ":NeoBundleInstall" command.

インストールしたプラグインがgit管理対象となってしまう

NeoBundleInstallでインストールしたプラグインは~/.vim/bundle配下に配置される。
GitHubにpushする気がない場合は.gitignoreを作成してnebundle.vim以外は管理対象外にしたほうが良い。

.vim/bundle/*
!.vim/bundle/neobundle.vim

プロキシ環境でgit://が使えない場合

git以外のプロトコルを指定可能。
.vimrc内でNeoBundleを記述する前に以下の1行を挿入。

let g:neobundle_default_git_protocol='https'
※httpsを使う場合の例

便利ですね

新しくVim環境作るのがかなり億劫だったんですが、GitHub&NeoBundleを使えばcloneしてvim開いて:NeoBundleInstallするだけなのでとても便利。